2016年11月11日金曜日

お米から学ぶ・・・




奈良へ行かれたことはありますか?!


薬師寺や唐招提寺の辺りで 春から丹精込めて育てられたお米を僅かですが、皆さんなもお裾分け!!



食べた人が思わず食べた感想を伝えたくなる富田米 !( ̄+ー ̄)


アトピーの幼い甥っ子や、喘息の姪っ子に安心できる食べ物をと爺ぃじの気合の篭ったお米達!( ̄^ ̄)ゞ



家族の為に育てたお米は、農薬もほとんど使わず、有機の肥料を与える事で、こんなに甘味のあるお米に育つのです。



今年のお裾分けのお米は、残り店頭に並ぶ3回目の補充分で終了です!お早めにどうぞご来店下さい!







農薬や、化学肥料を与えれば与えるほど、苦味、エグミのキツイものに、育つのが野菜。。。



だから舌が毒されていない小さい子供達が特にスーパーで売られた野菜が食べられないのは、彼らの正しい判断なのです!(-_-;)





虫が来ないように撒く農薬や、作物が病気にらならない為に与える農薬は、人間が楽に作物を育てられる反面、残留農薬が如何に身体に蓄積され最終的に病気に成り安い身体されているのか、多くのデータでわかっていることですし、



何故世間では、化学肥料が使われるのか、、多くの消費者がより安い物を求めれば求めるほど、調合して作れる化学肥料を使う運びになるのです。簡単に大量に作れるから安いのです!




有機の肥料が出来るまでの工程を一度再確認すると手間暇・時間が掛かかることが分かりますし、
有機の肥料を与えた作物が 丈夫に育つのは当たり前で、更に丈夫だから病気にもなりにくいと言う、良い循環を促進する事を、消費者も選択すべきなのです。





安い物には訳がある。。





自然な流れで出来上がった食べ物を食べる事をお勧めします!
例えばマーガリンか、バターなのか、、チーズも本来の材料が何だったのか、袋の裏を見て見ると驚きの事実!

作る工程が不自然なものはやはり体内に蓄積され、消化排泄されない事を少しでも気にする事で、身体は少しずつ健康になるでしょう(^_^)





「健康に楽しくボチボチと〜〜」、それがAcciarpone の社訓です!笑

































0 件のコメント:

コメントを投稿