2015年9月8日火曜日

常に品薄!すいません‼︎



アッチャルポーネに初めてご来店下さるお客様には、ギョギョギョ!商品が少ない?!?!と、思われた事でしょう。(笑)


次から次へと1時間ごとに焼き上げるお店とは異なり、パン山済みのパン屋を想像して入って来られたお客様には、閉店時間かな?!と思われる事かと。(笑)



アッチャルポーネのパンは、1日に一回だけ焼かせて頂いております。



「朝から練った生地を、発酵させ、ガス抜きをし、生地を寝かせ、其々のサイズに分割し、生地を休ませ、成形し、発酵させ、窯に入れる。」この一連の流れだけをモットーに、毎日パンを作っております。



1日に何度もパンを焼き上げ、大量のパンを並べ続けるのも、それ又店の在り方ですが、


生地に無味無臭の添加物を練り込み、冷凍冷蔵で発酵を止めつつ、2、3日冷蔵庫の中で持たせ、窯で焼いた時にそこそこのパンになるよう 生地を大量生産する事となります。



この添加物の体内での化学反応を考えると、どうも納得のいく方法とは思えず、頑固ながら今のAcciarponeの在り方に辿り着きました。




食べ物を口にする時には、少し食べ物の生い立ちを考えるのも、たまには良いのではないでしょうか…





冷やご飯は、どうしても炊き立てのご飯の様にはいかない…と思うのです。






                 By Acciarpone.   


















0 件のコメント:

コメントを投稿