2011年10月1日土曜日

ライ麦パン

こんにちは、Acciarpone(アッチャルポーネ)です。

秋分の日を境にやはり今年もとても涼しくなってきましたね。。いかがおすごでしょうか。


今回は、ライ麦パンをご紹介したいと思います。

「普段からライ麦パンが大好きなのよ」とおっしゃるお客さまにも、「ライ麦パンは、ん〜」とおっしゃるお客さまにも、ぜひ一度、Acciarpone(アッチャルポーネ)のライ麦(40%)カンパーニュを、六枚切り(約2cm)の厚さにスライスして、オーブントースターで、両面だけを軽く焼き上げ、バターを軽く塗ったら、
ジュワ〜としたバターの甘味とライ麦パンの塩味とのバランスを味わっていただきたい。

そして何よりも、ライ麦パンのしっとり感には、驚いて頂けるかと・・・・自負しております。(*^。^*)しっとりさせるために、アッチャルポーネでは、手間暇かけて、二種類の酵母を加えています。


多くのパン屋で焼かれている酸っぱいイメージのライ麦パンですが、何故酸っぱい必要があるのか、何故日本人の好む、噛めば噛むほど""甘味""が内から、じゅわっとにじみ出てくるライ麦パンを作る事が出来ないのか、そうした内にアッチャルポーネでは、試行錯誤を繰り返し、ようやく納得のいくライ麦カンパーニュを作り上げることが出来ました。

是非皆さまに一度は召し上がって頂きたいと思っております。

もちろんライ麦パンは、焼き上げてから、24〜48時間経つぐらいが、無駄な水分がとび、香りが増し、一番美味しく召し上がって頂けると思っております。


Have a happy day!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿